sohei3 blog

ちゅいったー:14文字限定のtwitter似サービス

2009年10月1日

ちゅいったー ロゴ
twitter(ツイッター)では、一つの「つぶやき」が140文字に限定されています。
が、しかしこの140文字というのは意外に長いもんでして、つぶやきどころか独り言が書けてしまうほどの余裕があります。

そこで、日本語に最適化されたtwitter似のサービス「ちゅいったー」が登場。
こちらは、つぶやきを14文字に限定し、より「つぶやき」らしく、つぶやけるようになっています。

日本語twitterにおける問題点と、ちゅいったーによる改善を見ていきましょう。

twitterは元々英語圏向けのサービスで、SMS(ショートメッセージングサービス)で自分のユーザ名を省いたメッセージが140文字だというところから由来しています。なので、英文にはちょうどいい「つぶやき」の長さになるわけです。
漢字や短い平仮名で構成される日本語では、140文字の「つぶやき」は長すぎる!

「何か悪いもん食べて、腹こわした」をテーマに、つぶやいてみます。

英語
ちゅいったー 英語twitter

日本語
ちゅいったー 日本語twitter

ご覧のとおり、日本語だと英語より短くつぶやけます。
右側にある数字は、残りの文字数です。日本語だと、かなり余裕があります。

ちゅいったー
ちゅいったー chuitterの場合

これでちょうど14字、ギリギリです。
こっちの方が「つぶやき」らしくなってます。

サービスとしてはどうなんでしょう。日本語twitterの、些細な疑問を解決しただけにすぎないので、今後爆発的人気になる事はないでしょうな〜。

Category: Webサービス | posted by sohey | 0 Comments

Leave a Reply