User Tools

Site Tools


links:wplugins

wplugins

WordPressの使えるプラグインをまとめたものです。

プラグイン名のリンクは、基本WordPress Codex内のリンクになります。作者がプラグイン専用ページを持っている場合、WordPress Codexリンクは「本家」と表記されています。

カスタムフィールド

    • テキストフィールド、テキストボックス、ラジオボタン、セレクトボックス、複数のTinyMCE付き投稿欄などでカスタムフィールドを制御可能。

携帯/モバイル

iPhone


iPhone検証環境

タイトル 環境 アドレス入力 戻る・進む ローカル可 アプリ可
iPhone 3G tester ブラウザ O O X X
iPhoney OSX app O O O X
iPhone Dev Center OSX app O O O X

スマートフォン全般

  • WordPress Mobile Pack: デバイスに応じてテーマの切り替えをする。Hyper Cacheと互換性があり、キャッシュが生成されても使えるらしい。
  • WPtap Mobile Detector: iPhone/iPod Touch/iPad/Android/Blackberry Storm/Nokia/Opera/Palm/Windows Phoneに対応。WPは2.9.4までだが3.0.1で動作するという報告あり。キャッシュシステムと併用できるかどうかは不明。
  • MobilePressWP配布ページ): 自分専用のテーマのカスタマイズに対応したプラグイン。最新版はWP Super Cacheと併用できる。WP本家では2.8.6までの対応だとの事だが、3.0.4で動作するとの報告あり。

携帯+スマートフォン

    • default, mobile, docomo, ezweb, softbank, bot, iphone, android別に振り分け可能なプラグイン。2011年1月時点でまだアルファ版。

フィーチャーフォン

  • MobilePressNEO:フィーチャーフォン用のuseragent分けプラグイン。

モバイルテーマ

モバイル用テーマ切替

キーワード「wordpress mobile subdomain」で探してみるといい。

  • Domain Theme:端末判定後、指定したモバイルテーマを表示し、m.example.comのようなサブドメインにリダイレクトしてくれるプラグイン。メインのドメインを確認してからサブドメインを探すため、動作が遅いとの報告あり。

絵文字

    • 古くからある絵文字挿入プラグイン。プラグインを有効化し、wp-includes/images/smilies/に画像を入れると投稿画面で絵文字が選択できるようになる。Macでzip解凍したら、「._」で始まるファイルを削除してからアップしよう。
    • TinyMCE Advancedを使って絵文字の入力が可能なプラグイン。TypePad系ブログ(ココログ等)からの引越しに使えそう。
    • ただし、TinyMCE Advancedをアップデートすると絵文字機能が消えてしまう。アップデートの度に絵文字画像を再アップ…面倒くさい。
    • ハック不要で、テンプレートにコードを埋め込むだけで使えるプラグイン。ショートコードの修正可能、好みの絵文字選択可能。インストール後は管理画面に専用の投稿ボタンが表示される。

画像の管理

    • ドラッグ&ドロップで画像アップロード、コーナードラッグで画像のリサイズを可能にする。WP3.0以上

キャッシュ

    • 超定番キャッシュシステム。必要な分だけ静的HTMLを生成してくれる。手動操作でのキャッシュクリアもできる。MUをONにしていると使えない。.htaccessを自前で用意する必要がある。
    • 次世代キャッシュシステム。爆発的な処理速度を誇り、リソースの少ないレンタルサーバで本領発揮する。Garbage collectionがWP Super Cacheほどうまくいかない。また、.htaccessの用意はしなくてもよい。

動作実績

サーバ業者 WP Super Cache Hyper Cache
さくらインターネット O 未検証
ファーストサーバ X O
HawkHost O O

お問い合せフォーム

    • 用途に合わせて選ぼう、他のお問い合わせフォーム。

メール配信・メルマガ

    • ブログ登録者(subscriber)にメール配信できるプラグイン。特定のユーザグループ(権限)に一斉配信することが可能。ユーザ管理には優れているが、送信するメールの内容が保存されないなど、そこら辺がズボラなプラグイン。
    • 「The best WordPress email subscription plugin」とあるが、設定がものすごくしづらい。新規投稿があると、一斉にメール配信されるがこの配信頻度はある程度まで設定可能。

まとめ

ページ推移

    • ページの一番下に到達するとAjaxで次のデータが読み込まれる仕組みが実装できる。「次のページ」を連打しなくていいので、PVは稼げないが操作性はアップする。
    • Load Moreボタンをクリックして、次のデータを読み込む仕組みが実装できる。Infinite-Scrollとの違いは、ユーザが意図的に操作するかどうか。

メディア再生

他サービスとの連携

Googleサービス

    • Googleカレンダーで生成されたiframeコードをWPショートコードに変換、投稿orページ内に表示できる。サイドバーウィジェットでの表示も可能。
    • サイトのFriend Connect参加メンバーの表示ができる。幅200px以上の設置スペース必須。

Twitter

ブログに設置できるウィジェットなどの紹介。

    • ウィジェット対応、@replyに対応、入力情報はユーザ名のみ。
    • ショートコードを使って、つぶやきをHTML形式で記事内に表示する。IDまたはツイートのURLでピンポイントできる。

まとめ

ソースコード表示

特徴の表記: 1) プラグインの概要、2) 対応言語、3) その他の機能

    1. 24言語に対応、preタグでソースコードを表示。
    2. Java,C++,C#,Php,JavaScript,Groovy,Ruby,Python,Perl,XML,SQLなど
    3. テーマ(外観)切替機能

アクセス解析・カウンター

    • どんな拡張子のファイルにも対応し、カウンターリセット機能もある。カウントするのに生成したリンクを使う必要がある。

閲覧制限

    • ログインしているユーザのみに閲覧を許可できるプラグイン。会員サイトに使えそう。

パーマリンク

    • パーマリンクの
      http://example.com/category/cat-name

      を、

      http://example.com/cat-name

      に変換してくれるプラグイン。

SNS

    • WordPressをSNS化するプラグイン。

RSSリーダー

自身のRSSフィードじゃなくて、外部ブログのRSSフィード取得として。

    • 外部RSSの内容を、WordPressに一括インポートできるプラグイン。the_title, the_permalink, the_contentテンプレートタグと互換性があり好きなようにテンプレートと連携できる。
    • 2.1〜2.3対応。詳細不明。
    • 2.9.2まで対応。
    • 2.0〜2.5対応。テンプレート埋め込み系。使用可能なタグが多く、WordPress投稿タグとできる事はほぼ一緒。
    • フォーマット選択可能、プラグイン自体の編集でどんなフォーマットも可能。デフォルトはリスト表示。

未分類

    • 物件登録、担当営業にお問い合わせ、カスタム投稿タイプ(物件編集)、カスタムタクソノミーなどWordPressだけで不動産機能満載のプラグイン。

まとめ

    • プラグインマネージャ、広告マネージャ、Google Analyticsマネージャなどの紹介。
    • 凝ったサイトも、気軽なブログにも役立つ、定番中の定番プラグイン集。
    • 管理画面、DB、コンテンツ・エレメント、Twitter、Google、テーマファイル関連の使えるプラグインなど。
    • WordPressに最適化されたjQueryプラグイン
links/wplugins.txt · Last modified: 2014/11/24 15:54 (external edit)